昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

日々好日

枕(まくら)選びは人生の選択と同じ!? たどり着いた先にあるものとは..

投稿日:2017-02-16 更新日:

 

一時期、「枕(まくら)」ばかりをいくつも買っていたことがありました(・_・)

やっと満足のいく枕を見つけて、買う時には..

やっと見つけた~、これできっと買い納めになる!」って思うのですが^^;

スポンサーリンク

 

一週間も経たずに「どうも合わない(+_+)」この繰り返しを何回続けたことか..

実家の押入れにはそんな当時の枕たちが、お客様用としていくつか残っています(笑)

a0016_000212

逆に、子どもの頃には「まくら」を使用していた記憶がありません(ー_ー)!!

 

大人になってから.. オトナたるもの「枕」くらいしないとな! そんな意識があったのかどうか..

今となっては定かではありませんが、 何故か じぶんに最適な「まくら」を追い求めていたのでした。

さて、時をさかのぼること.. 大学も後半期(゜.゜) 就職活動や就職試験のための勉強で忙しくしていたころ..

わたしは、「肩こり」というものを初めて経験することになります!

スポンサーリンク

 

今となってはびっくりすようなお話しですが.. わたし、その時までは「肩こり」なんて なかったのです(゜.゜)

「これが”肩こり”ってヤツなのか!」.. って感じでした。

キャプチャ

その後、社会人1年生となり.. 噂に違わず、やはり1年目はしんどくて.. 肩こりも悪化。おまけに酷いときは「頭痛」まで付いてきて (*_*)

そう、毎日使用する「枕」のフィット感を気にし始めるのもこの頃からなのです..

スポンサーリンク

 

そんな状況もあってか.. わたしの「まくら」選びもシビアになっていったような気がします。

 

それでは!

現在では.. 究極のにたどり着いたのか?

そんなことは当然なくて (^^ゞ(いや、考え方によってはたどり着いた.. のかも)

至って普通の羽枕で十分に満足しています

 

「医師による長年の研究と、 一流選手のサポート実績をもとに 生み出された枕」試したいのなら..
↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓↓
頭・首・肩にフィットし朝まで快眠をサポートするお医者さんの低反発枕「お医者さんの快夢まくら」

一つ、こだわりがあるとするならば.. ”そば”でも”テンピュール”でもなく「羽枕」でないとダメなこと!

この「枕(まくら)に対する一時期の執着は一体何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

戦後の高度経済成長期から現在に至るまで、日本はまさに 物質面においてほんとうに豊かな国となりました。

わたしたちの祖父母や親世代が一生懸命に働き、築き上げてきた結果であり、まさに頭の下がる思いです..

 

しかし、その反面.. 行き過ぎた 大量生産、大量消費のサイクルは歯止めがかからず、今もってそのスピードは衰えを知りません^^;

わたしたちの暮らしの中でモノが増えた分、一見生活は豊かになったように感じるものの.. 本当にわたしたちは”豊か”になっているのでしょうか?

スポンサーリンク

 

青年期における、わたしの「枕」選びのエピソードも.. (今思えば..)消費社会の典型的なパターンのような気がしてなりません^^;

選択肢が多すぎて、大切なものがわからなくなる.. 的な!? これは、人生における大切な「選択」においても同じことが言えるのではないでしょうか(・_・)

人生は「選択」次第で決まるもの? 迷ったときに役立つ方法論と究極奥義とは - 昭和40年代に生まれて
人生は「選択」次第で決まるもの? 迷ったときに役立つ方法論と究極奥義とは - 昭和40年代に生まれて

  今、この瞬間から過去を振り返ってみると(・_・) 現在のじぶんの状況は、途方もない数の『選択』の果てに たどり着いた終着点.. だということがわかり ...

続きを見る

 

それでは、最後に懐かしい一曲を! 愛の国ガンダーラ~、ここに今回の「答え」があったりして(・_・)

ゴダイゴ:「ガンダーラ」

子どもの頃から聴いてた曲だけど、歳をとるごとに素敵に思えるようになった.. そんな一曲です。

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-日々好日

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2019 All Rights Reserved.