昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

学ランの思い出

スポンサーリンク

暑い日が続いてます~^^;
もう日中は地獄です.. 本日は「熱中症指数:厳重警戒」が出てました..

夏は暑いのがあたりまえですが..

むかしもこんなに暑かったっけ? ..いつものように思ってしまいます(笑)

それとも歳のせい..?

 

さて、男性の方ならば.. おそらくはほとんどの方が着ていたと思われる学生服。
そう、わたしの場合だと、中学校入学と同時に着ることとなった..
つめ襟で黒っぽい制服.. あの学ランです。

初めて着たときは、どうしてこんな窮屈な服を着なきゃならないんだろうって不思議に思ったものです..
あのつめ襟の内側に、(たしか.. カラーといって)固くて白いプラスチック製のものを付けるんですよね~
しかも、襟が高くて窮屈この上ない感じでした..(-"-)

そんな窮屈な中学時代もおわり、高校に入学するころにはカラーもはずして、襟も多少低くなってましたが..(笑)

そうです^^

おしゃれにも目覚め? 地味な学ランでもなんとかおしゃれにきめようと..^^;

いわゆる変形学生服が流行ったあの頃..
最近CMで復活した「なめ猫」も、まさにそんな時代でしたよね^^

なめ猫

だいたい中学も後半にさしかかると..
小さくてかわいかったイガグリ頭の少年が、リーゼント頭にドカンをはいた恐ろしい風貌へと変化をとげ..
おとなしかった女の子が.. 夏休み明け、ゆるくパーマをかけて.. スカートがロングになってたりしたものです(-_-)

あの頃は、そんな変わった学生服を売ってるところがあまりなくて..
友人のお兄さんのお下がりとか、知人から譲り受けたものとかで.. わたしのところにも何回か廻ってきた記憶があります。

たしか、5タックでベルト通しから上が15㎝くらいあって腹巻状態,, しかもボンタンといって、マンボズボンのような..
とても学校にはいていけない代物で、次の友人に廻しました(笑)

あ、いえいえ.. わたしは中学時代はいたって真面目な学生でした^^;
ただ、友人の何人かは激しかったな~

そんな中学時代を経て高校に入学すると.. ますますおしゃれに目覚めていくわけです(^^ゞ
ただ目立てばよかった学ランもズボンや靴下、そして靴とのコーディネートが重視されます..

男子は細身のズボンに短ラン、女子はスカートを短くするのが流行っていました。
(その後、女子学生のスカートはどんどん短くなっていくんですけどね..)

わたしでさえも、そのころは中ラン(普通の学ランよりも少し改造の入ったもの)を着て、ズボンもだいぶ細くしてました。
(ちょうどデザイナーズブランドなどが流行り始めたころですね..)

そんな時代、こんなエピソードがあります^^

ちょうどわたしらは修学旅行を控えており、その前に、着ていく学生服の事前検査があったのです。
そのころは、むかしのモッズスタイルのようにズボンを極端に細くするのが流行っていたので..
みな警戒して、検査当日は普通のズボンか、変形の軽いものに変えていました。

そんな中、友人の一人が頑固にもいつものスタイルを崩さず.. 思いっきり細いズボンをはいて検査日を迎えてしまったのです..(゜o゜)

当然、その友人はアウト!
激しく説教されたうえに、再検査を受けることになったのです。

再検査当日。

わたしとまわりの友人は、その彼の格好に目を疑いました(@_@;)

彼は思いっきり太い.. バギーパンツのような学生ズボンをはいていたのでした!

呆れてわたしらは笑い転げて彼をバカにしていたのですが..

なんと..

彼は検査に合格したのでした。

担当の先生曰く..
「そのくらい太かならよか!」(九州弁)

言うまでもなく、彼はそのスタイルで修学旅行に行きました..(笑)

(..実話です)

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - ノスタルジック