昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

ノスタルジック

「イクシーズ」ってブランド、知ってますか?

投稿日:2017-10-28 更新日:

ちょうど高校生くらいの頃、「DCブランドブーム」というものがありました
”DC”とは、デザイナーズ&キャラクターズブランドを意味するとのこと

スポンサーリンク

 

バイトに励み..
信じられないよう値段の洋服にお金をつぎ込む同級生がクラスに少なからずいたものです ^^;

80’s特有の肩パッドスーツ
時代も一回りして知らない世代からすると斬新かも..

下の映像は1984年の映画『Stop Making Sense』の予告編
巨大な肩幅のスーツを着て踊りまくるボーカルのデヴィッド・バーン
奇妙だけど、カッコいい..


Talking Heads - 『Stop Making Sense』

今振り返って考えてみると、わたしの世代あたりがちょうど境界線 (-.-)

それ以降の世代(とくに男性)がどんどん”おしゃれに”なっていったような気がします
あるいは、じぶんの着る服にもっと気を遣うようになった.. の方が正解ですかね
(もちろん例外もあるとは思いますが.. )

 

はい^^ そこからさかのぼること数年前

中学生だった”わたし”
ある日、街中の大型書店にたまたま立ち寄ったときのこと

そのなかに何やら”おっされ~”な空間が..
少しばかりの洋服類と雑貨がおいてありました

とくに目を引いたのがこの”ロゴ”

[ixi:z]

 

当時はまだファッションのことなんて何もわからなかったし
しかも、野球少年で坊主あたま(笑)

でも何故かそのとき.. 「ググッ」と来るものが (゜.゜)
一瞬でこのブランドの”とりこ”になってしまったのでした

スポンサーリンク

 

「イクシーズ」って聞いてピンとくる方はわかると思いますが..
とくに印象深く、「これ欲しいっ!」って思って買ったのがTシャツ

胸にドドーンと大きく入ったロゴマーク
とにかくカッコ良かった!

白地のものと黒地の2種類をもっていた記憶があります

その後、シャープペンシル等の筆記具
(当時の写真発見 (^^ゞ気になる方はこちらの記事も..)

そして、当時 自分的には高額に感じたスニーカーを買って履いてました

ベースはコンバースっぽいんだけど、微妙に違う
なんたって色目が他にないようなすごく渋めの緑色 (^o^)丿
とても気に入っていて長く愛用していました

 

そんな想い出の「イクシーズ」ブランドですが、あらためて調べてみると..

当時としては画期的な異業種合同プロジェクトとしてかなり注目を集めていたブランド
レナウンのダーバン事業部が中心となって他13社が参加していたとのこと
(だから衣料品以外にもいろいろと商品展開してたんですね..)

その後、イクシーズプロジェクトは各企業の思惑の相違等からバブル期を待たずに崩壊
現在ではヤフーショッピング、ヤフオクなどで廃盤品や中古が若干見られる程度に..

1980年代、一世を風靡したブランドとして.. 復活してみるのも面白いのでは
にわかに昭和の”モノ”に復活ブームがおきつつあるなか?
思わずそんなことを考えてしまうのでした..(^^ゞ

スポンサーリンク

 

はい、それでは想い出の一曲
今回の「イクシーズ」ブランドとはじめて遭遇した書店
そこへ入るために上った階段途中で流れていた(わたしの記憶..)こんな名曲


一風堂 - すみれ September Love

一風堂のこの名曲、その後SHAZNAがカバーしてますが..
やはりわたし的にはホンモノには遠く及びません
残念ながら、一風堂の動画ではなくCMから抜粋になりました

あ、でもブルック・シールズ懐かしいでしょ^^

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ノスタルジック

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2018 All Rights Reserved.