昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

ノスタルジック

シングルレコード(ドーナツ盤)とLPレコードが教えてくれたのは..音楽を聴く楽しみだけじゃなかった!

投稿日:2016-10-05 更新日:

 

今の若い人だとピンとこないかもしれませんが.. はじめて買ったレコードって思い入れがあります(^^)

CDではなくレコードですよ! 

しかも、そのときは シングルレコード(ドーナツ盤)です..

スポンサーリンク

 

「ドーナツ盤」自体、説明がいるかもしれないですね(^^ゞ

直径30cm 片面に長時間記録ができ 33 1/3回転『LP盤』に対し、直径17cmで片面5分から8分程度の記録ができる 45回転『EP盤』は、中央が大きくくり抜かれた形状からドーナツ盤と呼ばれていました。

こんな感じのレコード盤です!

↓↓↓ ドーナツ盤 ↓↓↓

対して、こちらがLP盤といわれるもの..

一回り大きく、普通にレコード盤と言えばこちらのサイズだったかと思います(・_・)

その当時はまだ、レコードを聴くためのプレーヤーを持っていませんでした^^;

初めて買ったドーナツ盤を聴くために.. 祖母が踊りの練習用に使っていた 古いプレーヤーを借りて聴いた記憶があります..

最近はまた、復活の兆しを見せているのでしょうか!?

スポンサーリンク

 

スピーカーもステレオではなくモノラル仕様.. でも逆にそれがいい音を演出していたのかも(・_・)

そんな超レトロなプレーヤーを使って聴いていた、想い入れのある初レコード(ドーナツ盤)は.. オリビア・ニュートンジョンの「マジック」

1980年公開のアメリカ映画『ザナドゥ』の挿入歌で、フワフワと浮遊感ある楽曲と オリビアの声が心地よい一曲!

スポンサーリンク

 

中学生だったわたしは、その声と写真の美しいお姿に一発でノックアウト.. 自分のレコードプレーヤーもないまま、この一枚を衝動買いしてしまったのでした^^;

実はレコードを買う前から、この曲を知っていました(・_・) なんで事前に曲が聴けたかというと..

当時は、繁華街にあるアーケード内のレコード屋さん.. 大音量で流行りの曲をよく流していたんですね^^

その後、こんな曲たちも..

アラベスク『恋にメリーゴーランド』

 ネーナ『ロックバルーンは99』

今聴いてもいいな~^^♪

スポンサーリンク

 

これらの名曲を、当時はおばあちゃんの ポータブルプレーヤーで聴いていたのかと思うと.. 考え深いです。

ときおり入るパチパチとしたノイズ感が、曲調によっては上手くマッチしていたのかもしれません^^

ちなみに映画『ザナドゥ』の主題歌のEP盤ジャケット。

これが洒落ていてオリビアの目元部分のみ四角く開けてある仕様.. もちろん、これも購入しています。

 

こうしたレコードのジャケット仕様やデザイン等も、お気に入りの一枚をセレクトする大きな一因、いや.. 楽しみの一つでしたね

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ノスタルジック

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2019 All Rights Reserved.