昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

再生プロジェクト

スポンサーリンク

昨年の初旬ころ、「脳梗塞」を発症しました..
あれからアッと言う間に1年が過ぎ去り、それまでの経緯と、後遺症として残ってしまった片麻痺のことについて..
書いてみようと思いました。

注)片麻痺:脳卒中(脳梗塞・脳内出血)により脳の一部がダメージを受け、その部位が担っていた機能が失われ、からだの半分が麻痺してしまうこと

a0001_007833

先ずは発症当時のことを..

午前中、自室において仕事中、かるいめまいを感じて椅子に座りこみました。

「しばらく休憩したら治るやろ..」 そう思い、しばらくじっとしていました..
そして背伸びでもしようと、なにげに腕をあげたとき..
片腕に今までになかった違和感を感じたのです..

「あれっ..???」

このとき、心のどこかで「あ、ヤバい!」..
一瞬浮かんだ感情を打ち消して、しばらく横になって休みました。

それから30分ほどして、水を飲みに階段を下りる最中..

「足が.. 変?」

力は入るものの、片足の感覚が明らかに普段とは違っていました..(@_@;)

その後、近くの救急病院に行き検査、診断の結果.. 緊急入院となったのです..^^;
そこで約2週間ほどの点滴治療、その後はリハビリ専門病院に転院となりました。

~~~発症当時(続き..)

異変に気づき.. 仮眠をとった後、残りの仕事が少しあったので.. おかしいと思いながらも仕事をしています。

その後、いつもお世話になっているかかりつけの病院(担当医)に電話..
事情を話すと、すぐに近くの大きな病院に行った方がいいとのことで、自家用車で急行。
要はその時点までは、少しの違和感のみで.. 大きな症状の変化は表れていません..(゜o゜)

緊急入院が決まって、間もなく点滴治療開始..

病院の食堂は既に閉まっていて、晩ごはんを食べていなかったわたしは、妻に弁当を頼みました。
不安な病室で妻と二人.. 晩ごはんを食べたのでした。
(このときも腕や手に力が入り、不自由さはあまり感じていません..)

a1180_012673

このときに入った病棟はいわゆる集中治療室..

妻も帰り、寝る段になって.. あることにはじめて気づいたのです。
そこの患者はいわゆる「予断を許さない患者たち」.. みな心拍や血圧などを読み取る装置につながれていました。
そして少しでも基準値を超えると警告音が、けたたましく鳴り響くのです..(+_+)

警告音は10分から15分おきくらいに鳴り響き..

その夜は先行きの不安と異常な騒音に悩まされる、まさに地獄のような一夜でした。
(そしてその間も..わたしのからだには、すこしづつ症状の変化が表れていたのでした..)

翌朝。

朝方近く、なんとか眠れたようで.. 目が覚めたときにはいくらか眠った感がありました。

ところが..

a1180_001215

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 健康