昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

めがね 流行りシンドローム

中学時代の後半、いわゆる高校入試に向けての受験勉強..
ここから、わたしと”めがね”の付き合いは始まりました

もしも、あのとき..(-_-)

”めがね”を購入することなく、ちょっとだけ我慢していたなら

普段のペースに戻ることで、視力は戻っていたのかもしれません^^;
(一過性の仮性近視という可能性もあったハズ.. )

仮性近視とは

悪い姿勢での読書等、過度の近接作業を長時間続行すること(ex:受験勉強等)
により、眼の調整をつかさどる筋肉(毛様体筋)が緊張し続け、回復しにくくなる
すなわち、一時的に近視のような状態になること

でも..

..かけてみたかったんですよねー(笑)
当時は、”めがね”してみたくてしょうがなかった..(^^ゞ

そんな大好きな”めがね”について、今回は書いてみました

スポンサーリンク

今でこそバリエーション豊富な”めがね”(@_@)
キッズものからずらりと揃っていますが..

当時、学生がかける”めがね”といったら..コレ

キャプチャ

シルバーフレーム、サラリーマン風デザイン
こんな感じのものが主流でした(..男子の場合ですね)

これを、まだあどけない少年がかけるのですから
異様というか..
滑稽(コッケイ)な「見てくれ」だったと思いますよ~

しかも坊主頭でしたしネ..(笑)

ん?!

でも、いま振り返って見てみると、これも当時は最先端の流行りのデザインだったのね(゜o゜)
そう、このデザイン

大門
※「西部警察」より大門部長

ここから始まって..
わたしの”めがね”スタイルも時代の流れとともに移り変わります

高校生にもなると男子といえど”おしゃれ”に目覚める時期..

わたしの当時のファッションリーダーは..
なんと(いちばん右)の、この方

いいとも青年隊
※初代「いいとも青年隊」

後の「誠意大将軍」、羽賀研二さん..(^^ゞ
なので、わたしの”めがね”も「ボストンタイプ」のセルフレームへ

「Dr.スランプ アラレちゃん」がかけていた”めがね”ってことで
けっこう流行りましたよねー

んちゃ
※「Dr.スランプ アラレちゃん」より

その後、「ウェリントンタイプ」のセルものや、ジョン・レノンに憧れて「ラウンドタイプ」..
いろいろと変遷していく過程で、なぜかレンズの大きさはどんどん小さくなっていくのでした

わたしの青春時代
“めがね”=小サイズ=カッコイイ
だったと思います

若き日の”わたし”

080506-192343

逆に、わたしら世代を少しさかのぼると

「フィンガー5」のアキラさんのように..
“めがね”=大サイズ=カッコイイの時代もありました

そのころの彼の写真を見て
「これから先、こんなデッカイとんぼ”めがね”^^; 絶対流行ることはないね!」
って.. 思ったものです

ところが..

数十年後

スガシカオ

流行りました..

女性モデル

流行りました!

ほんと繰り返し、何ごとも「繰り返し」ですな^^;

10年後はきっと..

5年後

スポンサーリンク

いつもの~、「想い出の一曲」ではなく、今回は..

最近、たまたま耳にして
久々に「おおっ!」と思えたシンガーをご紹介します

NakamuraEmi - 「YAMABIKO」

10年後..
彼女はきっと

”わたし”はきっと..

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/04/17

 - 日々好日