昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

はじめました

スポンサーリンク

また自分のホームページつくってみようかな..

そんな動機からこのサイトをたちあげました^^

 

パソコンやインターネットには比較的早い時期から興味をもっていて、簡単なページをつくったりして..

当時はグラフィックデザインを習っていて、とくにCG(コンピューターグラフィックス)、3DCGにとても関心がありました。

20代前半のお金のないときに、給料の大半を「STRATA3D」や「Shade」、「LighatWave」といった決して安くもないソフトウェアにつぎ込み、自分のサイトに作品を載せたりしてたんです..^^;

その系の雑誌に自分のサイトが紹介されたり、作品を見てくれた見ず知らずの方から評価や意見等をもらえることに一喜一憂、感動したり..

その当時からインターネットの可能性をすごくを感じていました。

 

そんなわたしがはじめてパソコンをさわったのは大学生の頃、そのときはまだMS-DOS機が主流の時代でした。

びっしりとコマンドを打込んで、なんだか単純な線形のデザインをつくるみたいなことを授業で経験しました。

文系だったわたし.. 当然のごとく好きになれず、コンピューターという未来的な響きに惹かれはしたものの、その場限りの好奇心でおわってしまったのでした..

ところが、

社会人になってから、あのMacintosh(MAC)が…! 手ごろな価格帯でわたしの眼前に現れました,,(@_@)

※MS-DOS機の時代からMACの存在は知ってましたが、どの機種もとても高額で高値の華だったんです

 

当時は遅かりしながら..エレキギターにのめりこんでおり(社会人2年生くらいのころですね..^^;)、ヤマハの音楽教室に通っていて、そこの先生とよくコンピューターの話をしていました。

ちょうどウィンドウズ95が出たくらいの時期だったと思います。

先生:「ノサルくん、パソコンで簡単な楽曲作ってギター練習するのもおもしろいよ」

ノサル:「へ~っ!おもしろそうですねー。パソコン買っちゃおうかな~」

先生:「いいね~!音楽やデザイン系ならウィンドウズじゃなくてマックがいいよ。」

ノサル:「そうなんですか!ちょっと調べてみます~」

当時は音楽系ソフトやデザイン系ソフトを使うのならマッキントッシュ(マック)というのが常識でした。

 

そこで奮発して購入したのが、コレです。

Macintosh Performa 5210

 

Macintosh2

 

モニター一体型で廉価版のマックでしたが付属のソフト群も充実、「キッドピクス」といった子ども向けだけど大人も遊べるグラフィック系ソフトなど入っていて..

たしか、15万弱くらいだったと思います。

(あの「情熱大陸」で有名な葉加瀬太郎さんが、「キッドピクス」で描いたご自身の作品で個展を開かれたりしてて.. すごいな~って思ってました)

 

机には印鑑箱と電話機、そんな時代に就職したわたしは、ちょっとばかりパソコンの知識があったこともあり..

あまり興味のもてない仕事内容やら、時代遅れな職場環境にウンザリしていて.. 好きだった音楽やデザインにどっぷりはまっていました.. 若かったですね..^^;

 

そして、この初代機から始まり次々とパワフルなマシンへと買い換えながら、いつしか仕事もそういった系の仕事へと転職.. いくつかの仕事を経験しながら..

あれよあれよと月日は流れていきました。

 

あれから30年近く..

 

お金と時間をつぎ込んだマック機.. ほとんどさわる機会がなくなり、現在はほとんどの作業がウィンドウズ機..(笑)

会社では、パソコンも一人一台があたりまえの時代になりました。

このスピード感でいくと、30年後はどんな世界になってなってるんでしょうね..^^;

 

堅い仕事から社会人生活をスタートさせ、様々な仕事を経験しながら.. わたしなりに信じた道を、紆余曲折ながら歩んできました。

現在は念願のフリーランスとして、自分で仕事をしています^^

 

そんなわたしの気になったこと、面白いと思ったことなど.. 今後も気ままに綴っていきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 日々好日