昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

赤チンの品格

スポンサーリンク

あの異常なゲリラ豪雨がウソのように、ここのところ連日の猛暑^^;
それでも空を見上げると、午後からは巨大な入道雲がまるで壁の様に連なっていたり..

むかしからこんなだっけ..?
と思うことが最近多々あるような気がしています(-_-)

積乱雲壁

それにしても

暑い!
ですね..^^; ジッとしてても暑いです..

こんな灼熱のなかでも外で遊びまわっていた少年時代
(当時どれほどの気温差があったというのでしょうか..)

坊主あたまに半ズボン、走りまわっては転び..
ひじやひざには何かしらスリムキ傷があったものです

そこには、ほぼ確実にこのような処置が施され..
そう、こんな状態 (^^ゞ

塗り

懐かしい人には、とっても懐かしいこの照りと色味(笑)

そうです^^

赤チンです

「赤チン」とは
皮膚・キズの殺菌・消毒に用いられる局所殺菌剤のこと
商品名の「マーキュロクロム液」あるいは通称の「赤チン」(あかチン)として知られる

通称の赤チンは「赤いヨードチンキ」の意味で、同じ殺菌・消毒の目的で使われる
希ヨードチンキが茶色なのに対して本品の色が赤いことからつけられた
(ウィキペディアより)

赤チン

むかしはどこの家庭にも必ず常備してあった超メジャーな置き薬でした
少なくとも「昭和」の時代までは..

ケガをすればとりあえずは赤チン
すり傷、切り傷、マメができればつぶして赤チン(;O;)

とにかく赤チンをつけておけば、安心していられたし..
傷もいつの間にか癒えていたものです

ところが!

いつの頃からか (゜o゜)
その姿を見ることがなくなってしまいました!?

調べてみると少なくとも1973年頃には国内での製造が中止されており
その理由としては、成分内に有機水銀が含まれるということが大きな原因であったようです

水銀!と聞いてびっくりされる方もおられるかもしれませんが^^;
消毒薬として皮膚から吸収される量は少なく、濃度も薄められているため
安全性は高いとされています
(殺菌剤であるがゆえ、多少の毒性があるのも仕方のないことなのです)

存在するのなら使ってみたい!!
ちょっとしたキズに、
「あ~、赤チン塗りたい..」

そう思うことが正直今でもあります(^^ゞ

消毒薬

現在、キズ等の消毒薬としてこうしたもの(↑写真)もありますが..
塗ってみても、なぜか物足りない..

そう感じてしまうのはわたしだけでしょうか(笑)

癒し

成分的?には最近主流の上記のようなお薬が、きっと優れているのかもしれません

でも..

子どもの頃から頻繁にお世話になり、幾度となくキズを癒してくれた
「赤チン」への絶大なる信頼感は..

もしかすると、もともとの効果に上乗せされて
強力な「プラシーボ効果」が発揮されるのかもしれません(゜o゜)

「プラシーボ効果」とは
偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられることを言う
この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある
(ウィキペディアより)

注)「赤チン」は偽薬でもなく効果もあります

この「昭和」の定番お薬とも言うべき「赤チン」
ほとんどその姿を見なくなって数十年が経ち、入手困難かと思いきや..
意外にも、普通にネットで買うことができるようです(^^ゞ

灼熱の太陽と夏の香り..
そこになぜか「赤チン」のあの”赤い照り”が連想されてしまうのでした..

a0002_002709

スポンサーリンク

 

はい~^^
それではいつもの「想い出の一曲」

最近なぜかよく耳にするこの曲..
少年時代、オトナを感じたあの名曲です

Mr. Summertime (a.k.a. Une Belle Histoire) / Circus 1978

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

   

 - ノスタルジック