昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

学習と科学

スポンサーリンク

確か.. 小学校入学と同時に、学校側から購入の意向を聞かれ
うちの場合は何故か、(母も私も)その場にいなかったようで..

後日、販売元まで買いに行きました
(初めての小学校入学、しかも学校が勧めるもの..
親も注文せざるを得なかったのかもしれませんね)

そんな微かな記憶が残っています^^
ご存じ、学研の「学習と科学」

キャプチャ

.. なんで「学習」だけの画像か..(-_-)

そう、うちは「科学」はとってもらえず
「学習」のみをとっていたのでした..(;O;)

 

そもそも、学研の「学習と科学」とは

かつて学研教育出版(学研グループ)から刊行されていた小学生向け学習雑誌の総称。
一般に「科学と学習」もしくは「学習と科学」と称される。
実際の名称は『○年の学習』と『○年の科学』とし、それぞれ1年から6年の各学年向けに発行されており、「学習と科学」という名の雑誌があったわけではない。
また、教材付録がついており、学習・実験などが行えるようになっていた。
(ウィキペディアより)

ご存じの方も多いと思いますが、この教材付録!

これが実に、当時の小学生にとっては魅力的なモノたちばかりで..
毎回、届くのを楽しみにしている子どもたちも多かったと思います

もちろん、わたしがとってもらった「学習」にも付録が付くことはありました..

しかし

この「学習と科学」の付録..
いちばんの魅力は、「科学」の教材付録にあったのです^^;

科学

お隣に住むわたしの従妹、そこは「学習と科学」の両方をとってもらってました
いっしょに遊んでいても、「科学」の付録を持つ従妹が当時うらやましくてしょうがありませんでした..(^^ゞ

例えばこんなの①

実験シグナルセット
(実けんシグナルセット)
一つの電池と二つの豆電球を使い、どのように配線すれば交互に、または
二つ同時に点灯できるかを実験することのできる信号機

例えばこんなの②

ステレオ顕微鏡
(ステレオ顕微鏡)
凹凸レンズが並んでいて、カバーをスライドさせ使用法を変更する。
内側のレンズを使うと顕微鏡、外側だと双眼鏡になる。

本体である「雑誌」自体も、「学習」はどちらかと言えば文字数が多くて問題集や参考書といった感じ
対して「科学」の方は..
写真や図表、面白そうな漫画が満載であきらかに魅力的でした(;O;)

その後当然のごとく.. 徐々に見ることが少なくなり..
いつの間にか購読自体も辞めていました(^^ゞ

そんな学研の「学習と科学」、こんな懐かしい動画がありました(゜o゜)

世代の近い方なら、この曲なり映像はきっと印象深いでしょ-

な、なんと下のコメント欄には..
当時7歳だったご本人がコメントされてました

その後、「学習」は2009年冬号、「科学」は2010年3月号をもって休刊となります

1990年代以降、少子化や共働き世代の増加による在宅率の低下、
価値観の変化などの影響で購読する児童が減少..
販売部数の減少に歯止めがかからず

時代の流れとはいえ、やはり寂しいですよね..(-_-)

 

スポンサーリンク

想い出の一曲~
はい、今回はそんな時代.. テレビにかじりついて見ていたアニメソング

『ドロロンえん魔くん』のOP&ED

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - ノスタルジック