昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

ミステリー

あなたの知らない世界とこっくりさんが引き寄せた!? あの夜の出来事..

投稿日:2016-08-03 更新日:

 

ここのところ 寝苦しい晩が続きますね~

そんな夜には.. ちょっとひんやりとしたお話しなど^^; いかがでしょうか..

この季節になると、夏の風物詩のように..

テレビなどでも怪談話がよく放送されたりします。有名どころでは稲川 淳二さんとか..

スポンサーリンク

 

でも、その手のはなしで わたしが真っ先に思い浮かべるのはこの方.. 新倉イワオさん です(・_・)

 

ご存じでない方のために、簡単に紹介させていただくと..

放送作家日本放送作家会員また、日本心霊科学協会理事であり、心霊研究家としても知られた方です。

 わたしたちの世代ではお昼のワイドショー.. 「あなたの知らない世界」という番組が印象深い..

 

いや、衝撃的でした(@_@;)

夏になると.. 怖いながらも、テレビにかじりつくように見ていた記憶があります(笑)

 

(幸か不幸か)そんな影響もあったからでしょうか..

いわゆる未知なるもの、目に見えない得体の知れないものなどに とても興味を持つようになったのでした^^;

スポンサーリンク

 

それと関係するのかどうかはわかりませんが..

少年時代、わたしは ある”不思議な経験”をすることになります(・_・)

 

「こっくりさん」って知ってますよね? 何人かで、コインに指をおいてする,, あれです。わたしと友人の二人で、ある晩.. 「試してみようか.. 」ってなったわけです..

でも、正直とても怖かったので、少し変わった形式でやってみたのでした。(それは友人のお兄さんの本棚にあったコミック、「うしろの百太郎」に載っていたやり方でした.. )

新うしろの百太郎 6 (KCスペシャル)
※画像クリックでAmazonへ

当時は「こっくりさん」をすると何か悪いことがおこる.. とか、気がふれる.. とか(゚д゚;)

低級な霊に憑りつかれるだとか、そんなうわさを聞いていたのでまだやったことがなかったのです..

そこでよくよく友人と考えて、上記のマンガにのっていたやり方..「守護霊さん」なるものを、することにしました。

「じぶんたちの守護霊さまなら、悪いことにはならないさ~」そう判断して決めました(・_・)

 

そしてある晩..

わたしと友人は、薄暗い勉強机の下でそれを始めました..

ん? なんだか背中がぞわぞわする..

スポンサーリンク

 

友人と二人、それを始めたのですが..

と、その前に(・_・)

 

「うしろの百太郎」ってマンガ、ご存じでしょうか?

少し上の方にコミック版の表紙を載せました.. 言わずもがな、つのだ じろうさんの作品ですね^^

ちょっと前までは、この時期.. 心霊特集などの番組で、お着物姿をよく拝見していたものです。

弟さんは、あの.. メリジェ~~~ン オン マイマ~ィー♪ で有名な歌手、つのだ ひろさん。

ゴールデン☆ベスト つのだ☆ひろ BEST
※画像クリックでAmazonへ

つのだひろさんって、あの「失恋レストラン」も作ってるんですね~(清水 健太郎さんで有名な.. )しかも、1972年には、初期のサディスティック・ミカ・バンドにも参加しているそうで..

「メリー・ジェーン」しか知らなかった..^^;

 

ちょっと脱線しましたが、そのお兄さん。つまり、つのだ じろうさん作のマンガが、友達の家になぜかたくさんありました^^;

正確には友達のお兄さんの所有物なんですけどね..

「うしろの百太郎」

うしろの百太郎 (KCデラックス)
※画像クリックでAmazonへ

そして、「恐怖新聞」.. 2作品とも全巻ありました^^;

恐怖新聞(1)
※画像クリックでAmazonへ

そこの家に遊びに行くと必ず読んでたんですよね.. 怖いもの見たさってやつです(^^ゞ

 

たしか「恐怖新聞」の最終巻の最後の方には「心霊特集」みたいなのが載ってて、その内容から幽体離脱やら地縛霊、エクトプラズム云々,, 当時、小学生ながらいろんな知識を詰め込まれました^^;(つのだじろうさんも心霊研究家なんですね..)

そんなつのだじろう先生の作品、「うしろの百太郎」の話の中、「守護霊さん」というのがあったんです。

 

守護霊って.. なんとなく文字からわかるとおり、ふだんから自分を守ってくれている霊なので.. これだったら、「こっくりさん」より危ないことないだろう..って思ったわけです。

「こっくりさん」の場合と同じように、紙に ある図柄を書いて、その上を(..コインに)動いてもらって(霊と)交信を行います。

「うしろの百太郎」の本にそのやり方、図柄も書いてあり そのとおりに準備して.. 二人で始めたのでした..

スポンサーリンク

 

ここまでの時点で、「こっくりさん」も経験したことない二人ですから.. まさかコインが勝手に動き出すなんて微塵も信用してません。

なので、お互いに..

「ふざけるなよ!(わざと動かすのはなしだね..)」 そう約束していました。

そして始めたのです..

まず友達から質問をはじめました..

,,すると

 

すーぅーーーーーーー コインがじぶんの意思とは無関係に動き始めたんです..
Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ

 

「おまえ! 動かしよっとや..!」

「いや! お前は!」

「動かしよらん!!」

 

顔面蒼白のまま、二人はコインから指を離して.. そのまま、その場から逃げ出しました!

あれから40年近く経ちます..

 

そんなことがあってから、ひとつ気になっていることがあります(-_-)

たしか、「うしろの百太郎」にも書いてたと思いますが.. 霊との交信が始まったら、霊が帰るまで絶対に途中で 交信を止めないこと!

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ぼくらは、思いっきりそのルールを破っていたのでした..

その後のぼくらの人生は..

 

確かなことは、(紆余曲折ありましたが..)まだなんとか生きてます。

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ミステリー

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2019 All Rights Reserved.