昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

健康

飛蚊症がやってきた! 老眼の次に来るもの?

投稿日:2018-05-14 更新日:

それは突然のことでした!

いきなり現れたのです(@_@)
車を停めて、外に出ようとしていたとき
左方向から小さな二匹の虫が飛び込んできたようでした

スポンサーリンク

 

ん?
なんか変な感じ
しかも、なかなかとれない..

いま手で触って、ばい菌でも入れたら嫌だし..
「家に帰って顔洗ったら水で流れるかな〜」
なんてことを考えながら、そのまま放っておくことに

数時間後..

帰宅するなり、すぐさま洗顔
目に水道水をあてながら洗い流してみる

状況は..

変わらず(-_-)

拡大鏡をのぞいて見るも、目の中に異物が入ってる感じはない

あ!
これって、もしかして

hibunmie

あれか〜?

飛蚊症(ひぶんしょう)..(@_@)
大学時代、難関資格試験を目指していた友人からそんな病気があることを聞いたことがありました

要は、過度に眼を酷使することからそんな症状が出てくると

また一方で、うちの母親からも昔そんな症状が出たと聞いたことが..

母の場合、目の酷使はあまり関係無いと思うので
いわゆる老化現象

そう、老化現象..(-。-;

老化..(-。-;

スポンサーリンク

 

「ついに自分にもやってきたのか〜」
そう思った瞬間でした

飛蚊症とは

視界に糸くずや黒い影、蚊のようなものが見え、視点を変えるにつれ、それが動き回るように感じる
明るい場所で白いものや空を見た場合によく見える
多くの場合加齢により自然発生する
(ウィキペディアより)

両親は
「それは”歳とった証拠”だから別に気にしなくていい.. 」(ちなみに両親共に経験者)
といい

妻は
「初めてだし、他の病気の初期症状の場合もあるから一度診せといた方が安心..」
というので

とりあえず連休明けに病院へ

結果は、特に喫緊の問題は無い、ということで現在に至っています(^。^)

ほんと
「歳はとりたくないね~」

むかし、祖母が口ぐせのように言っていたコトバが身に染みます

五十路の春

いろいろあります

【眼精疲労や不眠を解消 眼でお悩みの方へ!】

スポンサーリンク

 

はい、ではいつもの

”目”つながりでこちらの選曲に..(当然ながら歌詞内容はまったく関係ないです..)


Daryl Hall & John Oates - Private Eyes

高校生くらいのときかな~
この曲が入った、彼らのレコード(LP盤)をレンタル屋に売りに行ったら
思いのほか高く買ってくれて、嬉しかった思い出があります (^^ゞ

当時はまだ、近くにレンタルレコード屋さんが少しづつ増え始めた時期

でも、その後2.3年もすると..
あっという間にレンタルCD屋さんに入れ替わったんですよね~

あのスピード感は今振り返ってみてもちょっとびっくりしてしまいます


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-健康

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2018 All Rights Reserved.