昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

ノスタルジック

ありのままに生きようとしたアリ

投稿日:2018-02-10 更新日:

そのむかし、「テクノポップ」なる音楽が大流行した時期がありました
わたしの場合だと、このコトバを聞いて最初に思い浮かぶの.. このあたりでしょうか

YMO 「RYDEEN」
世代的には、ほぼ間違いのない選択肢ですよね (^^ゞ

スポンサーリンク

 

そう^^
彼らの「RYDEEN」という楽曲が、わたしが初めてステレオを買うきっかけになりました
(画像クリック、いい音で聴けますよ)

それまで聴いたことがなかった、シンセサイザー等、電子楽器のSF的サウンドが..
なんだかオトナな感じで (*^_^*)
未知の世界に入り込んでいくような、なんだかワクワクした感じで聴いていたような気がします

また、当時初めて手に入れたステレオコンポの音の良さもあいまってまさにのめり込んだのでした (^^ゞ

テクニクス ステレオコンポ
1980年代初頭、部屋に鎮座していたTechnicsのオーディオ
(シリーズ最低ランクの代物でしたが、それまで使っていたモノラルのラジカセと比べれば..)

なんてったって、ステレオサウンド
左から右、右から左へ、あちらからこちら、こちらからあちらへ (゜o゜)
奥行き感のあるサウンドをはじめて体験したときには、そりゃ~もう感動ものでしたね

とくにテクノ系のサウンドは、そんな音楽体験にはもってこいのサウンドだったのかもしれません
YMOしかり、例えば当時はこんなの

JUICY FRUITS ジェニーはご機嫌ななめ

ライブ音源ではそう感じないのですが、当時この曲が買ったばかりのステレオから流れてきたときには度胆を抜かれました

その後、ボーカルのイリアさんはこちらのキャラでも有名になりましたよね(笑)
あれ~、これはネットに画像がない
わたしの気のせいなのかも..(なので深堀しません)

スポンサーリンク

 

洋楽系ではこれもよく聴いてました
音も至極良かった!

ザ・バグルス ラジオスターの悲劇

ザ・バグルスと言えば、「トレバー・ホーン」
トレバー・ホーンと言えば「アート・オブ・ノイズ」

そこで思い出すのが (゜o゜)

その アート・オブ・ノイズの「Paranoimia」PV↓


The Art of Noise with Max Headroom - Paranoimia (Official Video)

1984年にイギリス「チャンネル4」の音楽番組でバーチャル司会者として登場したCGキャラクター
に MAX HEADROOM(マックス ヘッドルーム)を起用してます

ここで..

このある種奇妙な映像に関して、以下のような奇怪な事件が起こっていたことをご存じでしょうか..
はじめて知りました (゜o゜)

 

マックス・ヘッドルーム事件

1987年11月22日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ一帯で発生したテレビ放送の電波ジャック

テレビ業界での「放送信号割り込み」の一例として知られる

侵入者は3時間のうちに放送信号割り込みを成功させ、発生から30年近く経つ現在も未解決事件のままである
(ウィキペディアより)

はい!

m(__)m

いつもながら (^^ゞ だいぶ脱線してしまいました

さてさて、「テクノポップ」
当初は、シンセ・ポップやエレクトロ・ポップなどと呼ばれていたらしく、「テクノ・ポップ」なんてコトバ自体あまり使われていなかった

ウィキによれば、ロック評論家の阿木譲氏がクラフトワークのレビューで使用したことが初出
後に、この造語を気に入ったYMOの坂本龍一が様々な媒体で使用したことが広がる要因となったとか..

その後、テクノ系はいろんなグループが出て聴いていましたが
今、ふりかえって記憶に強く残るものといえば、意外と少ないような気がします

コミックよりですが、こんなグループ(懐かしいですよね..)

イモ欽トリオ 「ハイスクールララバイ」

イントロのシンセ音..
そして、っ!」(懐かしいですよね)

スポンサーリンク

 

え!?
アリの話しは?

ありのままに生きる話し..

 

..ではなくて~

結局のところ..

 

あのねのね 原田伸郎さん

○○のままだった~

この曲もりっぱなテクノポップですよね(笑)
久しぶりに聴いたら意外と新鮮でした

今回はこのままいつものコーナーへ
○○の答えも..


みかんの心ぼし – あのねのね

da・da・da・da・da・da・da・da・da・da・da・da~
耳にしばらく残りますよ(笑)

※もっとちゃんと聞きたい人はコチラ(絵柄解説付きで、まぼろしのパート3もあり)

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

-ノスタルジック

Copyright© 昭和40年代に生まれて , 2018 All Rights Reserved.