昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

サイボーグ戦士 たが~ために~戦うー

スポンサーリンク

「もうテレビは見ない!」
なんてことを前回書いてましたが.. テレビネタです(昔のね) (^^ゞ

現在はどうあれ、やはり昭和世代
テレビネタはどうしてもはずせないのでした(笑)

さて、今回のタイトル
字面(ジヅラ)を見ただけで~

u.u-
吹きすさぶ風が~♪

なんて歌詞が聴こえてきたでしょうか?

サイボーグ009
サイボーグ009(1979)OP

あなたにも聴こえたのなら、きっと同世代..
この曲、昔から大好きなんです!

石ノ森章太郎先生のご存じ「サイボーグ009」
1964年「週刊少年キング」にて連載開始.. なのだそうです

簡単なストーリー

主人公の少年・島村ジョーは、少年鑑別所からの脱走中、謎の男達に捕らえられサイボーグに改造された

世界の影で暗躍する死の商人「黒い幽霊団(ブラックゴースト)」が、画期的な新商品・サイボーグ兵士の試作品にするため、素材集めの場に偶然居合わせたジョーを選んだのだ

しかし、彼よりも前に世界各国から強制的に集められ改造されていた8名のサイボーグや、そして自分達を改造したギルモア博士からブラックゴースト団の真の野望を教えられたジョーは、彼らと共にブラックゴーストを脱走する

ブラックゴーストの野望を知り彼らを阻止できるのは、彼らと同じ力を持つサイボーグ戦士達しかいない

人の心を持ちながらヒトでも機械でもない存在となった悲しみを胸に、サイボーグ戦士達はブラックゴーストの野望を打ち砕くために戦い続ける
(ウィキペディアより)

けっこう歴史あるマンガだったのですね (゜o゜)
そんなに古くからあるとは.. 今回初めて知りました

もう少しうえの世代になると、こちらの方がしっくりくるのかもしれないですね

009モノクロ
サイボーグ009 OP 〈モノクロ〉
今、このモノクロの映像とキャラクターの雰囲気が逆に新鮮に見えてしまいます

スポンサーリンク

 

わたしの拙(ツタナ)い記憶をたどれば..
9人の特殊能力を持ったサイボーグが悪の組織と戦う姿
004の右手がカッコいいとか (^^ゞ その程度の印象でした(まだ”子ども”でしたしね..)

004
004:アルベルト・ハインリヒ 「人間兵器」

その後、このマンガ(サイボーグ009)の内容を大人になってから
(書店か何かで)チラッと見たとき
神話や伝説、神々との闘いといった内容を知って..

「サイボーグ009」ってこんな壮大なストーリーに発展したんだ~
なんて思ったことがありました

神々との闘

でも実際、これらのストーリーは「サイボーグ009」の第5期(1975-1976)にあたる作品で、わたしが大人になる以前から存在していたものなのでした (^^ゞ

ちなみに、009と003のベッドシーンを描いたこと等が読者の不評を買って問題になったとか
知らなかった~(@_@;)
(ファンの方ならば当たり前すぎてお話にならないことなのかも..)

009ベッド

昭和の有名どこのマンガでも意外と知らないことが多いものなんだな~
なんて実感したのでした(老後、死ぬほど時間ができたら大人買いして読んでみるか(笑)

神々との闘2

と、まあ
いろいろ徒然に書いてきましたが..

今回のいちばんお伝えしたかったことは、これら「サイボーグ009」の壮大なストーリー感ではなく

やはりタイトルの「サイボーグ009」オープニング曲
しかも、アニメタルバージョン

009アニメタルVS
サイボーグ009 OP アニメタルVer

彼らのルックスは好き嫌いあるかと思いますのであえて載せませんが
楽曲、テクニックはも~最高です!

何より、これらの歌(アニメソング)はわたしたち世代にとっては「宝物」でしょ(^o^)丿

最後のいつものコーナーも彼らのアニメソングメドレーで〆ます^^
このブログを見に来てくれている”あなた”なら、すべて歌えるはず(笑)

ANIMETAL - This is ANIMETAL
アニメタル は、1997年に結成された日本のヘヴィメタルバンド
1996年に同名の曲が発表されているが、基本的にはバンド名を指す
アニメ及び特撮ヒーローもののテーマ曲・挿入歌、いわゆる「アニメソング」をメタル・アレンジし続けている異色のバンドである
(ウィキペディアより)

メタル系が嫌いな方はゴメンナサイ m(__)m

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

   

 - ノスタルジック, 嗜好