昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

まくらは個人主義を超える!?

スポンサーリンク

一時期、「まくら」ばかりをいくつも買っていたことがありました

買う時は..
「やっと見つけた~、これでやっと買い収めになる」
って思うのですが

一週間も経たずに
「どうも合わない..」

この繰り返しを何回続けたことか(^^ゞ

a0016_000212

子どもの頃は逆に「まくら」を使用していた記憶がありません(笑)

おとなになって..
大人たるもの「まくら」くらいしないと

そんな意識があったのかどうか..

今となっては定かではありませんが
なぜか、じぶんに最適な「まくら」を追い求めていました

さて
時をさかのぼること.. 大学も後半期

就職活動や就職試験のための勉強で忙しくしていたころ
わたしは、「肩こり」というものを初めて経験することになります

今となってはびっくりすようなお話しですが..

わたし、その時までは「肩こり」なんて.. なかったのです(゜o゜)

キャプチャ

その後、社会人1年生

噂に違わず、やはり1年目はしんどくて.. 肩こりも悪化
おまけに酷いときは「頭痛」まで付いてきて^^;

そんな状況もあり..
わたしの「まくら」選びもシビアになっていったのかもしれません

それでは!

現在は.. 究極の「まくら」にたどり着いたのか..

至高のまくら

そんなことは当然なくて(^^ゞ

(いや、考え方によってはたどり着いた.. のかも)

至って普通の羽まくらで十分に満足しています

一つ、こだわりがあるとするならば..
”そば”でも”テンピュール”でもなく羽でないとダメなこと

この「まくら」に対する一時期の執着は一体何だったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

はい

それでは、想い出の一曲~
懐かしいこの曲もちょっと意味深だけど..

ここに今回の「答え」があったりして^^

ゴダイゴで「ガンダーラ」

子どもの頃から聴いていた曲だけど、歳をとるごとに素敵に思えるようになった..
そんな一曲です

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/04/10

 - 日々好日