昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

会社を辞めてみて

スポンサーリンク

2月になりました~
寒い日が続いてますが、日中は日差しが..(゜o゜)
「春か?」って思うくらいきつい時が多々あります

そんな変な気候のせいなのかインフルエンザも大流行のきざし..
体力を落とさぬよう気を付けたいですね^^

会社通勤

さて、わたしの場合..
会社通勤をすることがなくなって、ほぼ2年以上になります

今回は、会社を辞めてじぶんで仕事をしていく場合に
どういったことに直面し、悩み、そしてどう対処してきたのか..

振り返りの意味も込めて、ここに綴ってみたいと思います(^^ゞ
(いつもながら脱線するかもしれませんが..)

会社

まず会社を辞めた直後は、あまり金銭的な切迫感もなく
なんとなく解放感の方が強く感じられるものです
(これは前職にもよりますが..)

有給消化のために、会社に行かなくても給料だけは支払われている
といった状況もあるからです

普通に転職を考える方であれば、この期間から次の職探しを始めて
あわよくば.. 少し失業保険もいただいて転職..
なんてシナリオを考えるかもしれませんね

しかし

「転職なんてしない!次はじぶんで仕事始めるんじゃ~」
といった場合..

どのような事態が生じてくるのでしょうか

わたしの場合、副業で始めていた仕事をするつもりでいたので
やることは決まっていました^^

しかも、限られた労働時間から、いっきにフル稼働できる!
ということでまさに意気揚々(^・^)

そんな状態からのスタートでした

a0002_003660

労働時間が増えるので、必然的に収益も上がる
しかも、やらされてやる仕事ではなく自分の仕事

すべては自分にかかってくるけど、自らの手で稼いでいる実感
それは何物にも代えがたい満足感..(☆。☆) キラーン!!

これが「起業」することのいちばんの醍醐味ではないでしょうか

 

スポンサーリンク

ところが、同時に..
こんなショックも味わうことになるのです
それも意外と早い段階で(゜o゜)

いわゆる「社会保険・税金」等の問題です

「えっ!」こんなに持っていかれちゃうの~(;O;)

「払わねばなりませぬ~」
「ぬぬぬ.. ぐわっ、しかし、拙者.. まだ未熟者ゆえ~」

何卒~

内心、そんな葛藤が常に..(笑)

それもそのはず
会社を辞めた次年度は、その前年度の実績で算定されたものを納めることに

いわゆる安定していた会社員時代の収入を基礎としたものが、
次年度、まだまだ未熟な経営者のフトコロをさらに凍えさせるのです..

保険料についても、会社負担がなくなり.. まるまるじぶんで負担することに
これがけっこうキツイ!(@_@;)

わたしの場合、過去に転職経験もあるので..
こうした事態をある程度はわかっていたつもりでしたが、今回は独立..

収益を上げながら資金を回していかなければなりません(-_-)

退職後、最初の1年はいろいろとあって何かとたいへんだったけれど、
それでも不思議と「じぶんの道を歩いている感」が常にあって..
じぶんを支えていたような気がします

また以前にも書いた「過去パターンの復習」がよくあって
ほんとうに助かることが多かったのです(^・^)

そして現在..

huri

まだまだ、余裕の生活とまではいきませんが(^^ゞ
じぶんの時間の中で、わりと自由に仕事をすることができています

「生き方」は’'ひと”それぞれ

なのに
世間一般では..

どこかに就職しないと生活できない
そんな考え方がいまだ主流

だから
いい会社に就職するために、子どもの頃から人一倍勉強して一流の大学を目指す
そんな風潮が未だにあるのです
(日本の「終身雇用制度」はとっくに崩壊しているというのに..)
注)もちろん、いい大学を出ていい会社に入ること自体はすばらしいことです

でも感のいいひとたちはもう気づき始めています..

大学院を卒業してもなかなか希望の職種に就けない人たち
(ひと昔前なら、どんな逸材か..って思えましたが..)
一流大学の学生が起こす不祥事
少子化による、大学の生き残りをかけた学生の囲い込み

この先..
価値観はさらに変化し、多様化していくと思います
しかも、急加速で!

最近、こんなニュースを目にしました(゜o゜)

無人店舗
「レジロボがコンビニを変える?パナとローソン開発、会計と袋詰めを自動に
アマゾンはレジ無人化店舗、世界潮流へ」
昨年暮のニュースですが、現時点では既に大阪府で実証実験を開始しているようです)

あ、見つけました!
驚きのニュース映像(@_@;)

今後は増々人がいらなくなり、優秀な人材間でも競争が激化していくことが
なんとなく予想できます..
(仕事量が1割削減ですって.. 機械メンテや統括者の業務等、ほんとうにそうでしょうか?)
人が少なくなった職場で、かつてやっていた仕事量の何倍も一人でこなしていく..
そんな状況が今後も増えていくのかもしれません^^;

政府もいろいろと対策を考えているようですが..
何と言っても「経済最優先」のこのご時世、どこまで改善が見込まれるか

お..
ちょっとダークゾーンに入ってしまいました<(_ _)>

大切なことは^^
既成の概念にとらわれることなく、自分らしく働けるかということ!

ただ、前述のような状況であっても..
ひとつ救いだなって思えることがあります

それは、今の時代「情報」が簡単に手に入るということ(゜o゜)

やろうと思えば.. 「働き方も多種多様」
要は本人の考え方次第なのです
注)あくまでも私個人の見解ですが..(^^ゞ

時間

 

スポンサーリンク

はい、想い出の一曲~
..とは言ってもCMソングになります^^;

こんな時代もありましたー
時任三郎さん扮する「牛若丸三郎太」

24時間.. 働きますか?

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 日々好日