昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

老眼時代

スポンサーリンク

40歳も半ばを過ぎた辺りからでしょうか..
朝起きて、小さな文字に目をやると

「あれっ!?」

見え方2

焦点が合わない(゜o゜)
しばらく目をこらしていると、元に戻る

わたしの場合、こんな感じで始まりました

そう
「老眼」です

老眼犬

そんなわたしが本格的に自覚し始め、なんとかしないと..
って思い始めたのは2年程前からでしょうか

「いよいよ老眼鏡デビューか~」
そんな呑気な心境でした(笑)

また、仕事上スマートフォンを多用することから
見えない=仕事への支障

中学生の頃から近視用のメガネをかけているので
選択肢はひとつ
遠近両用のメガネを購入すること..

でも

この「遠近両用メガネ」
多少なりとも不安がありました..

それは巷(チマタ)で流れるこんなウワサを知っていたからです
・慣れるのに時間がかかる
・違和感がとれずに使わずじまい
・普通のメガネより高価

それでもこのままでは状況に変わりはないし
逆にすっきり見えることで、さらに仕事もはかどる..?
そっちの可能性に賭けたのでした

スポンサーリンク

 

先ずはメガネ屋さんで現在の目の状況を確認
老眼の程度を調べてもらって、仮のレンズで合わせてみました

仮メガネ

すると..

お、おおお~っ
見える!

手元に置いた紙面の小さな文字がハッキリと..

老眼の特徴で、遠くは今までと変わらずちゃんと見えるのに
手元の文字がぼやけて見えない

なので、

書類が見えない
本が読みづらい
スマホが見えづらい

とくに私のように近視持ちでメガネを既にかけている方は
手元の文字を見るために、手元を遠くにするか..メガネをはずすか
前方を見るためにまたメガネをかけてといった動作をしなければなりません..

これがけっこう不自由!

老眼3

年配の方のこうした姿を小さなころから幾度となく見てきましたが
いざ自分がこうなってしまうと..
ほんとうに大変です(^^ゞ

それで購入を決めた「遠近両用メガネ」

メガネ屋さんで試した仮メガネの、あまりの見え方の素晴らしさに
即行、購入を決めたのでした(笑)

たしかに、ウワサされているような見え方の違和感はありました

正面から横方向へ振り返って見るような動作で強く感じましたが
それでもこの程度なら慣れることができるな..
そう感じました^^(わたしの場合ですが)

どちらかと言えば、そんな違和感よりも..
手元の見え方の方に持っていかれた感じです^^

「遠近両用メガネ」と聞けば、レンズの中にもうひとつレンズを入れたような..
そんなメガネを想像される方もおられるかもしれませんね

遠近レンズ

それはそれでクラシカル.. 今となっては逆にカッコイイかもしれませんが
現在のものは境目がわからず、見た目は普通のメガネと変わりません

世代の近い方で、そろそろ症状が出始めた方
老眼はあるが、「遠近両用メガネ」の使用を躊躇(チュウチョ)されてる方
購入を検討してみるのもいいかもしれません..

メガネ屋さんで体験してみるとその見え方、使いやすさにビックリしますよ!
(けしてメガネ屋の回し者じゃないです)

(※補足)
仮に「遠近両用メガネ」をつくると決めてレンズを選ぶ際、この点にご注意ください!

遠近両用のレンズ、同じ度数でもランクがあり、ランクが高いものほど当然お値段が上がります
でもここは、無理をしてでもなるべくランクの高いものを選ぶ方が無難です
なぜなら、ランクの高いレンズほどレンズの境目の「ゆがみ」が少ないのだそうで、
つまりは、「ゆがみ」の少ないレンズほど違和感の感じ方が少なくなるようです

なので.. 最近よくある低価格が売りのメガネ屋さんで、初めての「遠近両用メガネ」
なんてのは少しリスキーなのかもしれません^^;

購入後のわたしの状況ですが..

想像していたとおり、最初の違和感にも時間がかかることなく慣れて
現在も毎日使用してます(^・^)

老眼鏡

ただ..
最近ひとつ気になることがあるのです

就寝後、気になることがあって裸眼で暗闇のなかスマホの画面を見る
あるいは
朝、布団に入ったまま裸眼の状態でスマホを見る

こうしたことが多くなってきた最近のこと..
老眼の度合いが酷くなっていることに気づきました(;O;)

巷(チマタ)では「スマホ老眼」なんてコトバも出てきています

老眼が出始めた方で、スマホの上記のような使い方は..
もしかすると老眼を加速させる可能性があるのかもしれません
わたしもそうですが.. スマートフォンをよく使用される方は注意しましょう

スマホ

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 健康