昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

タイムトラベラー

スポンサーリンク

ここ九州も、いよいよ本格的に寒くなり始めました
今年もあともう少しですね^^

さてさて、

ここ最近ラジオ番組を聴いていると、よく70~80年代の楽曲が流れています
青春時代.. 懐かしの洋楽80’sをはじめ、70年代邦楽アイドルまで..
(これは、復興関連でここ熊本のみの現象?)

たとえば(今回は邦楽のみで)

伊藤咲子さん
※画像クリックで歌が聴けます

1974年当時、16歳でデビューされた伊藤咲子さん
映像は初々しくも、しっかりとした歌唱力は流石ですね

続いて
コメットさんでおなじみ、大場久美子さん

大場久美子さん
※画像クリックで歌が聴けます(これはお宝かも..)

この愛らしいルックスながら、アイドル時代から矢沢永吉さんの追っかけをしていたとか..
また最近では、心理カウンセラーの資格取得・活動や海外での医療支援など
精力的に活動されているようです

はたまた

太田裕美さん
※画像クリックで歌が聴けます

太田裕美さんと言えば「木綿のハンカチーフ」が浮かぶ方も多いと思いますが
あえて違う曲を選曲してみました(^^ゞ
彼女の歌声は.. ある意味ほんとうの「お宝」なのかも
こころに沁みます

ん~
女性ばかり続いたんで次は男性
そして、実は今回の「メインキャスト」なのです^^

原田真二さん

原田真二さん!
思うに.. この方はスゴイです(゜o゜)
(わたしが言うまでもなく、彼を天才だと評する記事はたくさんあるのですが..(^^ゞ

何がスゴイかって、当時の楽曲とは思えない!
..くらいの感覚の新しさ

スポンサーリンク

 

実は冒頭でのラジオ放送を聴いていた時のこと
番組内容として、例によって70年代アイドルの楽曲が流れて..

「あー、確かに70年代.. 懐かしいな~」
といった感じで聴いていく中

彼の曲が..

お!、おおっ?

古臭さを感じない(゜o゜)
(※あくまで一個人の意見です..)

先ずは、彼のデビュー曲を聴いてくだされ

「てぃーんず ぶるーす」
1977年、彼が18歳のときのデビュー曲.. ときは70年代の日本ですよ(゜o゜)
歌い方、曲自体も.. 今流れてても、遜色ないでしょ?

ちなみに同時代の男性アイドル

太川陽介さんの「Lui-Lui」
わたしの中でも「この感じ」が当時70年代のスタンダード

その後の洋楽志向的な和製ロックの先駆者
そう言ってしまえば、それまでなのですが..
この突出感には驚いてしまいました

また当時は10代という若さと、そのルックスからアイドル性が強調
しかし、当人にまったくその気がなく..
マスコミや業界では”生意気”でとおっていたそうです

原田真二さん2
このジャケ写はアイドルっぽくないですが..^^;

ちなみにこんなお宝動画を発見!(画像荒いです<(_ _)>)
この3人が当時の「ロック御三家」
charさんのギターも、当時としてはかなり突出してます..(゜o゜)

ロック御三家

では最後に、彼の楽曲のなかでも一番好きなこの曲を

「タイムトラベル」
スピッツがカバーしてますね^^

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - ノスタルジック