昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

鼻血と奇跡

スポンサーリンク

普段と変わらないある朝の出来事(中学生のころ)

いつものように朝ごはんをかき込んで、
登校の時間までゆっくりしていると..
鼻の中でなんだか生温かい感触

ポタッ ポタポタッ..
「あっ!鼻血 (+_+)」

 

別に鼻血出すことなんて、
たまにあることなんで
とくにびっくりしたわけでもなく..

このときは、学校に行く時間になって
「タイミング悪いな~」
って苛立ち感の方が強く

片方の鼻の穴にティッシュペーパーを
詰め込んで
とりあえずは出血がおさまるのを待ちました

a0001_011393
ところが..
いっこうに止まる気配がありません..(@_@;)

仰向けに寝た状態で、
アタマを低くするために
上方を見るような姿勢をとっていたのですが

出血の勢いが強く、喉の方にまで流れ込んでくる感じ..
(その時から、現在にいたるまで..
こんなふうに、まるで吹き出すような出血を
経験したことがありません..)

 

数十分後..
なんとか出血の勢いも弱まり、
その後ようやく止まってくれました

さすがにこのときは、わたしも親も仰天してしまい
「これは普通とは違う..」 そう、直感して..
翌日、病院へと検査に向かうのでした

 

結果!

 

あるものが発見されたのでした..

 

それは、鼻の奥の奥、上方に発見された
巨大なポリープ!
まるで「提灯(ちょうちん)」のようにぶら下がっていました

しかも..

最悪なことに、これが動脈を巻いていたのです(@_@;)

 

猛烈な鼻血の原因はまさにコレで、
ポリープに巻いた動脈が傷ついて出血していたのでした
(動脈からの出血なので、勢いも尋常じゃなく..
止まらなければ死に至ることだって..)

医者と相談し、後日早急に手術によって切除することに..

ただ、

鼻の奥という位置関係、さらにターゲットには動脈が巻きついている
ということから、切除に際しかなりの出血を伴うとのこと

そのため、本来ならば輸血の準備ということなのでしょうが.. このときの
主治医の先生はきっと優秀な方だったのでしょう
(その数年後に問題が表面化してくる、輸血や血液製剤等による
アレを思うとゾッとしてしまいます..)

わたしへの輸血が可能な血液型を教えてくださり、その血液型の持ち主でわたしに輸血をしてもいいという方をたくさん集めておいてくださいという指示のもとに、両親をはじめ、親戚一同が動いてくれて、手術前の入院の段階では人数を集めてくれていたそうです

 

そうして手術の当日まではいつもの日常をすごしていたわたし

しかし.. (続きます)

a1180_016337

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - ミステリー