昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

食生活の胆

スポンサーリンク

台風が近づいてます

近頃の台風はなんかイケズですよねー
まるで狙ってきているかのように.. じわりじわり

この前のヤツなんて、Uターンまでして..
ゆっくり育てて、育てて.. 「キター!」みたいな^^;

こんどのもなんかすっごいスローペースで九州のふちを進行中

どうか被害が出ないよう祈るばかりです..

さて、以前にも少し書いた記憶がありますが..

この世代..
随分と代謝も落ちて、以前となんら変わりない食生活でもすぐに贅肉が付きます

休みの日などにショッピングモールなどに行ってみると、スッゴイおなかのお父さん(@_@;)
よく目撃します..

中年太り

これが激太りのひとならまだしも、そうでもないのに..
”おなか”だけがボコッと出てるひと、けっこういるんですよね(゜o゜)

実はわたしも、以前はそんな状態でした..(^^ゞ

なんとか若いころの割れたおなかに戻したくて、腹筋を100回以上やっていた時期もありました..

でもこれ、意外と効果が薄くて.. 多少へこんでもなかなか満足のいくおなかにはなれず
ちょっとサボればあっと言う間にもとに戻るし、なんか変だなー って思っていたんです

それでネットでいろいろと調べたり、関連の本などを見てみたり..
自分なりに、「あ!」そういうことなのかな.. と思える結論にいたりました

ちまたには”おなかの内臓脂肪を減らす”みたいな宣伝文句で薬が売られてたりしますが..
どうなんでしょう..?

結局、食べ過ぎて余分な脂肪がたまっているのを、薬で減らす
体の自然な反応を、薬で無理やり制御してしまう.. からだにいいことなのでしょうか?

要は、じぶんの体が消費できずにため込んでしまう、ということは
食べる絶対量を単純に減らせばいいだけのはなし(^^♪

そうした考えに行き着きました

ネットで調べてみると、少食(一日一食や二食)を実践されている方のブログがあったりして..
(芸能人でもけっこういるんですよね.. タモリさんとか..)
当初、試行錯誤でこころみました

始めたばかりのころは、やる気と勢いもあって

「お、これなら一日一食でもいけるか.. 」
なんて思えたりして.. でも無理せずに二食から初めてみたのですが

やはり、ちょっと慣れてくるころにいろんな誘惑..^^;

でも、しばらくすると.. こんな現象に気づいたんです

我慢できずに、ちょっとだけお昼ころ食べてしまうと..
夕方、妙にしんどい..(-_-)

逆に、昼を通り越して3時頃が峠..
夕方あたりになると、空腹感も減って安定してきます(仕事時などには集中力が増します..)

なので、最近は

3時頃になって、どうしても食べたいときだけおやつ程度に食べる「半一日二食(2.5食)」を実践してます^^

これだけで、わたしの場合みるみるおなかが凹みました
筋トレなんて全然してませんよ..

それともう一つ、わたしの場合、これを実践してよかったことに..

夕方からの倦怠感(..手が震えてしまうほどの)があったのですが、これがウソのようになくなりました

会社勤めのころ、よくそんな症状があって机の引き出しにチョコレートを常備してました..
同僚にもそんなひとが多かったので、けっこうそういった症状の方って多いのかもしれませんね

ものの本で読んだ知識ですが..

人のからだは本来、空腹を前提につくられていて.. そのために余分な贅肉をからだのあちこちに貯めこみ、空腹時にそれを消費するようにできている
しかし、現在はからだに貯めこむばかりで、それを消費する機会がなかなか得られない
日々の中で、空腹感を感じられる時間が必要..
そうした時間に、蓄えられた総コレステロール等が燃やされることとなる..

どう思われますか?

健康診断などで、コレステロール値、中性脂肪値が高かった.. 脂質異常が見つかった
そんな方はぜひお試しあれ\(^o^)/

次回の健康診断ではほぼ改善されてると思いますよ

以前に書きましたが、わたしの中性脂肪値
平均値の3倍以上あったのが、この方法で現在はウソのように正常値ですから

さらにびっくりするのが

わたしの腹筋(@_@)

むかしのように腹筋運動など何もせずとも.. うっすら割れてます
本来は普段の生活などで、けっこう腹筋って使うものなんですね..

要は諸悪の根源、”食べ過ぎ” です

同世代諸君
くれぐれも”食べ過ぎ”には気をつけましょう^^


本屋で立ち読みしてて、「カロリーオーバーで栄養不足」のコトバに.. まさに目からうろこでした(゜o゜)

今回の内容、少しでも共感できるところがあった方なら、ぜひ本屋ででも最初の数ページ読んでみてください
きっと得られるものがあると思いますよ

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 健康