昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

エキストラ(続き)

スポンサーリンク

配役を決める段階で、友人は..
「..きみはあの人たちについて行ってー」

そしてわたしは..
「あ、きみはそのままでいいよー」

そう言われました

しばらく時間があったので映画撮影所のなかを散策

衣裳部屋やカツラ部屋、時代劇の舞台セット等..
当時はたしか、「必殺仕事人」の撮影等も行われていたと思います

必殺仕事人

そんな中、喉が渇いたので休憩所的なところに入ると..
見覚えのあるお顔が..(゜o゜)

落語家の「春風亭 小朝」さんでした!

小朝さん

一人でお茶を飲んでおられました..

ここでは何気ない風景なのでしょうが、芸能人を見慣れていない当時のわたしにとっては..
失礼ながら小朝さんといえども.. 十分すぎるほど \(◎o◎)/!な出来事

かといって何するわけでもなく.. チラチラッと様子をみながら.. わたしもお茶を一杯

しばらくして友人も着替えをすませ戻ってきました

その恰好は黒スーツにグラサン(注:サングラス)..
間違いなくチンピラさんの衣装^^;

時間となり、何台かのマイクロバスに分乗してロケ地の琵琶湖へと出発するのでした

そのとき、またしても..
超ラッキーな偶然が起こってしまうのでした..(*^^)v

通常であれば、当然のごとく.. 俳優陣は専用のロケバス
エキストラたちもそれ専用のロケバスに乗り込むこととなり、俳優、スタッフと一緒になることはありません

ところが

そのときは何故か.. エキストラの数が多く、わたしら二人だけがエキストラのバスに乗り切れなくなったのです

仕方なくスタッフさんたちと同じロケバスに\(◎o◎)/!
(これ、本当の話しですよ..)

そして、そのロケバスには超大物俳優がお二人..

中尾 彬さんと哀川 翔さんが乗ってられました(@_@;)
それもけっこう近くに..

ちょっと曖昧な記憶になってしまうのですが..
わたしと友人が並んで座っている前の席に、強面のお兄さん風役者さんお二人..
その前に中尾さんと哀川さんが並んで座っていたと思います

そのときとても申し訳なかったのが..
当日わたしは、風邪の治りかけで咳がまだ少し残っているような状態で(^^ゞ

緊張のせいもあったのでしょう..
まだ少し肌寒かった季節、密閉状態のバスの中で咳き込んでいました..

すると

たまらず前の席の強面兄さんが.. 横の窓を全開!
強風がわたしの顔に直撃..
ますますわたしの咳は激しさを増したのでした(;O;)

申し訳ないやら、情けないやら..

そんな苦しい状況もありましたが、一方..
芸能界の華やかさを垣間見るようなこんな記憶も残っています..

それは、中尾さんに付いていたと思われるスタイリストかメイク担当.. の女性(゜o゜)
その美しさに、苦しんでいた咳もいつの間にか治まっていました..

そして、バスはロケ地に到着

琵琶湖畔のどこ辺りだったか記憶がはっきりしませんが..
三代目の就任式を終えた中尾 彬さんを暗殺しようと、哀川 翔さんが一人のりこんでくるシーン

就任式を終えた中尾さんにマスコミが群がります..
(その中にわたしが..)

そこに拳銃を持った哀川さんが登場

暗殺失敗..

大勢の組員が現れ、現場は騒然となります..
(この中に友人が..)

マスコミに扮したわたしはほんの数秒でしたが.. 十分に確認でき
友人はまったくもって判別不可..
卒業までその友人はブーブー言ってました(笑)

そんなこんなのエキストラ初体験^^
ほとんどが移動時間で実働は1時間もあったでしょうか..

日給5千円で交通費、弁当支給
おいしいバイトでした^^

今でもたまにテレビで放映されることがあると、懐かしく視聴してます

でもこの手の映画を好んで見ることはまずないので..
おおかたじぶんの出てくる場面のみですけどね..(^^ゞ

極道の妻たち 三代目姐

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 日々好日