昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

健康であること(その2)

スポンサーリンク

前回の続きです^^

毎年健康診断は受診していました。

あとになって思うのですが.. とても軽視してたなと思うことがあります。

それは、

「脂質異常」でした..

 

あらためて、「脂質異常」とはどういうことでしょうか。

血液中の余分な脂質(たとえば、コレステロールや中性脂肪..)が一定基準値より高い状態のことをいうようです。

 

わたしの場合は病気(脳梗塞)になる数年前から、中性脂肪が異常に高かったことを記憶しています。

意識して検査結果をよく見ていなかったので記憶は曖昧ですが、おそらく総コレステロールの基準値も高かったのだろうと思います..

中性脂肪に関しては基準値の3倍以上.. とにかくかなり高めだったので覚えてるんです..

そして、毎回のように病院での再検査の通知がきていたのに、脂質くらいで.. と、無視していました。

 

次に軽視していたこと..

それは「水分摂取」です。

 

以前から親に言われていたことでもあり、普段からなるべく水分を採るように意識はしていました。

でも、その認識に多少誤りがあったようです..

 

ではわたしが、普段からどのように水分摂取を心掛けていたかというと..

いつでもペットボトルのお茶を持ち歩いて飲む、あるいはスポーツ飲料水。飲むといっても一日に500mlを1~2本程度..

しかも、コーヒー好きで一日に何杯も飲んでいました。

 

自分の認識では、「これだけ水分補給をしているのだから..」

そんなふうに思っていたのです。

 

ところが、

ご存じの方も多いと思いますが、コーヒーに関しては水分補給にはなりません!

逆に、からだから水分を出してしまいます。それを一日にがばがば飲んでいたわけです..^^;

おまけに、

普段から飲んいたペットボトルのお茶等、これらにはカフェインが含まれており利尿効果があります。

 

な、なんと.. コーヒーと同じく、普段から飲んでいる飲料水のほとんどが、わたしのからだから水分を奪っていたのでした..(@_@;)

じぶんではしっかり水分補給していたつもりが、逆に水分を奪われていたなんて..

 

そして、最後に「疲労感」..

当時は自分で仕事を始めたばかりで、睡眠時間も少なめで疲労もたまっていました。

それをじぶんでも実感していたんです..

 

当時のわたしと似たような状況の方が、もしかしたらおられるかもしれません..

ご縁あってこのサイトを読まれたならば、ぜひ、過去のわたしを反面教師にしていただきたい。

今一度ご自分の生活習慣を見直されることを強くお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2017/03/09

 - 健康