昭和40年代に生まれて

昭和40年代(196X)生まれのわたしが、今となっては懐かしいモノや出来事、最近気になるコトや事象などを織り交ぜながら、徒然に書き記しています。

なりたかったもの

スポンサーリンク

当時よく読んでいたマンガは、「ブラックジャック」、「がきデカ」
「マカロニほうれん荘」.. 「すすめ!!パイレーツ」など

がきデカ
「がきデカ」こと、こまわりくん
ちょっと下品ですが.. 小学生のぼくらは大好きでした(笑)

手塚治虫先生の「ブラックジャック」は当然のことでしょうが、
「がきデカ」、「マカロニほうれん荘」など
..その完成度は現在でもけっして遜色ないと感じます

また当時、たくさんのコミック本が出ていたこともあり
そんなコミック本の間にはさまっていた
「コミックスのカタログ」を見るのも大好きでした

kataro

見開きで短冊状のカタログにコミックスの表紙がずらりとならび
「次どれ読もうかな~」 なんて(^・^)

これ見てるだけでも楽しかったものです


そうしたマンガ環境?もあってか、いつしか

マンガ家になりたい..

幼いころ、よくそんなことを周りに言ってました (^^ゞ

きんどーさん
「マカロニほうれん荘」から金藤日陽(きんどう にちよう)さん
もう伝説と言っても過言ではない.. 鴨川つばめ先生の作品です
※立読みサイトはコチラから

絵を描くことが好きで、また得意だったので漠然とそんなことを思っていたのでしょう

でも残念ながら、ストーリーを考えることがあまり好きではなかった..

沖田さん2

ストーリーを考え出すと絵に集中できない.. だから作品がなかなか完成しない..
「面倒じゃ~」ってなってしまいました..^^;


単純に描くことに集中したい..
集中して描いているときのあの浮遊感が大好きだったから
(いまで言うとこの、フローな状態..でしょうか)

そしていつしかデザイン事務所に通うように

 

グラフィックデザインの展覧会に入選できて、これで仕事ができるのでは..
と軽く勘違い..

中に少し入れば.. この業界も、実力だけでなくコネも必要なのか..
食っていくための商業デザインの世界は思っていた以上に厳しく感じられました (-.-)

むかしから、しばられることにすごく敏感で
なんとかじぶんのチカラだけで生きていく術はないものか..
そんな気持ちが強くあったように思います

こんなじゃ、サラリーマンはぜったい続かないですよね..^^;

「マカロニほうれん荘」から

そんなこんなで中途半端に撤退..

そこまでの情熱しか持っていなかった.. というところでしょうか

でもそんな経験もなにかしら役にたつことがあったりして
前回も書いたような不思議な縁を感じます

ご縁

この先もしかしたら、思いもよらぬかたちで.. 花開くことがあるのかも..
そんな期待がこころのどこかにあったりします^^

 

スポンサーリンク

Follow me!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

プロフィール

プロフィールテキスト

      2018/06/17

 - ノスタルジック, 日々好日